<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧



2006年 12月 17日
えー・・・?
アカヒレの平鉢に貝を一つ入れておいたのです。
一つだけだったのに、コケコケだったガラス内面があっという間にきれいになって驚きました。
で・・・その貝が、居なくなってるわけなんですが!え、えええ・・・???

今までエビの脱走は経験もしたし、いろいろなとこで聞いてもおりますが・・・
か、貝も脱走・・・しますかね???
脱走して、そのへんで乾燥してるのか・・・?や、やだ・・・(;´Д`)

と思ったのですが、考えてみれば、脱走するなら貝なら足跡・・・というか、這い痕残りますよね!
うん、残る残る!
それが残っている形跡が無いんですよね・・・・

・・・じゃあ、エビや小魚みたいに、ぴょんっ!と・・・?
え、えええーーー???
[PR]

by kei_ooo | 2006-12-17 15:13 | いろいろもにょもにょ


2006年 12月 04日
所感
こういうことを趣味としてやっていると、他のインドア系趣味と比べるとダントツにウギャギャな場面に遭遇する機会が多いと思う。

水を扱うから、室内でこぼせば大惨事に。
カルキ抜き水を入れたバケツをひっくり返した、程度なら、大事な書物や電気製品がだめになる程度で済むけれど、もしも生体の入った水槽をひっくり返したら…。
または、ガラスで出来ている場合が多いから、上から何か落として割れたら…。
そういう大惨事にあって、素晴らしい水景とリポートで人気のあった某氏ブログがずっと停止のままなのはきっとここをご覧の方々もご存知のはず。(他人事とはいえ、本当に心痛む事件だと思います)

あとは…生体の死。
生き物を飼う以上、避けて通れない場面なんだけど…
なんというか…小鳥やハムスターと違って…

怖いんですよねー

愛犬や愛猫の死は、家族同様に暮らしていたのなら、本当に悲しく切ないと思います。
家族の一員をなくしたのと同じくらいの苦しさを経験すると思います。

小鳥やハムスターを飼ったことはありますか?
彼らはその体の大きさから、犬や猫ほどには哀切を感じないんじゃないかと思われがちですが、これは間違っています。
あの小さな体で一生懸命生きていたという証である体温が消えていく様子、それを自分の手のひらで受け止めるという場面、どんなに切ないか、想像してみてください。

さて、水中の生き物ですが…。

死なれると切ないのですが…。
それより前に、どうしても、ウギャギャな場面を目撃してしまうのがなんとも…。

あれですかね、彼らは…共食い・・・するのかな・・・。場合によっては…。

ウギャギャ!

今、成り行きで貝も飼ってるんですが(っていうか、付いてたんだよねー。洗わないで水槽に入れちゃったんだよねー、水草。でもそのままにしといたら、水槽面がピッカピカになったから、飼ってるんだよねー)、貝が死んだらどうなるんだろう・・・。
いやだなあ!!

おまえ、生き物を飼っておいて今更何を言う、ですが、正直なところは、そうですよね。

今のところ、亡くした生体は赤ひれ×3(稚魚のうちは、分からないけど)、えび×2(他は消えた)。
彼らは今、ベランダにある私の大切な小さなオリーブの鉢の根元に眠っています。
[PR]

by kei_ooo | 2006-12-04 19:26 | いろいろもにょもにょ